体力自慢の人におすすめな働き方は、工場で期間工として働く方法です。通常よりも給与が良いので、出稼ぎにも最適です。気になる期間工の待遇や働き方を紹介することで、興味を持って応募をすることができるでしょう。

期間工の仕事とは

期間工に求められるのは、丈夫な体です。しっかりと働いてガッツリと稼ぐことができる仕事なので、特に若い男性に向いている仕事です。仕事内容から働き方までを詳しく紹介します。きっと自分に合った仕事を見つけられますよ。

工場でのライン作業

雇用期間が決まっている期間工は繁忙期における即戦力と位置付けられています。そのため、事前の社員教育が不要な単純作業に従事するのが普通です。工場では単純作業の繰り返しであるライン工の仕事に従事するの…

簡単な作業も多い

期間工というと自動車のような大型製品の組み立てを行っていて大変そうという印象を持つ人も少なくないでしょう。しかし、女性でもできる簡単な作業をこなす仕事の方が多いです。期間工というのは、ある期間にだ…

仕事に誇りが持てる

「期間工」とは、自動車メーカーの工場などで働く、契約社員のことを言います。契約期間が決まっているため、期間工と呼ばれています。期間工として働くことには様々なメリットがあります。まず、仕事ぶり次第で…

>

稼ぎたいなら期間工になろう

期間工の気になる待遇は

寮費無料はうれしい

食費補助が受けられるところも

大手なら週休二日制で生活にメリハリを

休日が連続しているとうまく休みを使える

期間工になるとどのようなサイクルで働くことになるのでしょうか。これは実際に働く会社によって違いますが、大手企業であれば週休二日で週五日間は出勤ということになるでしょう。休みは基本的に土日です。接客業などの場合、月曜日と木曜日が休みといった風に休日が飛ぶことがありますが、期間工だとそういったことはまずありません。また、祝祭日も当然休みになります。 土日休みの週休二日制だと、かなり働きやすいといえるでしょう。たとえば、土曜日は遊びに出かけて日曜日は家でゆっくりするという風に休みを使い分けることができるからです。休日が連続していない週休二日制の場合、どちらの休みも出かけたり、用事をこなしたりすることで、結局あまり休めなかったということになりがちです。

夏休みや年末年始はどうなのか

では、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始などの休みはどうなのでしょうか。まず、期間工が単独で仕事をこなすことはないので、正社員が休みなのであれば期間工も休みになります。つまり、正社員がゴールデンウィークに休みなのであれば、期間工も休めると考えていいでしょう。ただ、夏休みはそうなるとは限りません。というのは、工場での生産を完全に止めないように正社員がばらばらに夏休みを取ることが多いからです。その間、期間工まで好きに夏休みを取ってしまうと製品の生産ができなくなってしまうため、期間工には夏休みは与えられないと思っていた方がいいでしょう。 年末年始は工場自体が休みになるのが普通なので期間工も休めるはずです。